給食業務「直営」病院管理栄養士のメリット・デメリット|働くなら若手のうちがいい理由

職場を知る
  • 給食直営の病院管理栄養士の働きかたは?
  • 給食直営の病院は子育てしながら出来るの?
  • 給食直営の病院で働くメリット・デメリットを知りたい。

病院管理栄養士は給食業務が「直営の病院」と「委託されている病院」によって出来る業務が変わってきます

本記事では給食業務直営で働く病院管理栄養士に焦点を当てて働きかたを解説します。

この記事を書いている人

・急性期病院勤務の現役管理栄養士
・病院管理栄養士歴10年
・2人の子育てママ
・転職経験あり
・給食業務「直営の病院」と「完全委託した病院」どちらも経験あり

これを読めば…

給食直営の病院管理栄養士として働くイメージが掴めます。

給食業務直営の病院管理栄養士は管理栄養士のスキルが全て身につきやすいです!
ただし、業務内容が多岐に渡るため忙しく、シフト制のためプライベートの予定が立てづらいなんてことも…。汗)

haruki
haruki

直営病院は「若いうちは仕事を頑張りたい」「経験を積みたい」なーんて考える若手管理栄養士にオススメだよ。

給食直営と委託した病院働きかたの比較を知りたい方はこちらの記事
給食委託した病院管理栄養士の働きかたを詳細に知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

給食業務「直営」病院に勤務する管理栄養士の実態

給食業務直営とは献立作成から調理まで、給食業務を自分たちで行うことをいいます。

給食直営病院で働く管理栄養士の役割

・患者様の栄養面をサポートする
・入院患者様へ適切な食事を提供する

働きかたや給料など病院管理栄養士の基本的な情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

給食直営病院の仕事内容:臨床栄養と給食管理に関われる

給食直営の管理栄養士の仕事は給食業務臨床栄養の2つがメインです。

仕事内容

・栄養指導や病棟業務などの臨床栄養が中心となることが多い。

・給食業務としては献立の確認や衛生確認、帳票類の作成をする場合が多い。

給食業務と臨床栄養の割合は勤続年数によって変わる

給食業務と臨床栄養の割合は、勤続年数が長くなるにつれて臨床栄養が増える傾向にあります。

メモ

給食直営の病院では基礎としてはじめに給食業務を覚えてもらい、一通りできるようになってから臨床栄養と進むケースが多いです。
給食業務とは厨房で調理師や栄養士と同じように、調理や盛り込み、仕込み、洗浄、点検、検品…をします。

haruki
haruki

筆者も給食直営病院時代は、
はじめの1年間ほぼ厨房で給食業務だったな。(遠い目)

ポイント

何よりもまずは食事を患者様に届けることが優先
マンパワーが不足している場合はベテラン管理栄養士でも、自ら厨房に入り調理や仕込み、洗浄など給食業務に携わることも…。

献立作成などの給食業務がしっかりできる

献立作成をしっかり携わることができるのは給食直営病院の管理栄養士ならではです。
病院ですと治療食ごとに食種が複数ありますので献立を展開していく楽しさも。

ポイント

病院管理栄養士の1番の収入源入院時食事療養費です。

給食業務をしているからこそ食材料費や調理コストなど収支の流れを知り、入院時食事療養業務を体系立てて学べます

haruki
haruki

給食委託している病院も入院時食事療養費は確認しているけど、一連の流れとして知る機会はないに等しいよ。

業務が忙しい

給食委託している病院に比べて、給食直営病院の管理栄養士は業務が忙しい職場が多いです。

給食業務が入ると業務が分刻みです。時間ごとにしなくてはいけない業務が決まりますので、仕事の融通が利きにくいです。

筆者の給食直営病院時代、ある日の仕事内容を書き出してみました。

筆者の経験談

病棟のカンファレンスに朝イチで出席

その足で厨房へ行き食器の洗浄

時間になったら厨房を抜けて栄養指導

終わり次第再び厨房で盛り込む後点検に入る…

これ、まだ午前中だけの話です。汗)
かなり忙しいですよね…(涙)

勤務体系が不規則

早番や遅番があるシフト制のため勤務体系が不規則。生活リズムが崩れやすいです。

ポイント

病院給食は患者様が在院されている限り365日、朝食・昼食・夕食(+間食)と、治療食を提供しなければなりません。

シフト制ですと次のような勤務体系です。

メモ

・その日によって勤務時間がバラバラ
・早番:まだ真っ暗な早朝5時前スタート
・遅番:終わり時間が21時頃まで
日曜日や祝日、年末年始関係なし

医師や看護師、薬剤師と違い当直はありませんので、夜中まで勤務することはないです。

妊娠・子育て世代には不向き

はっきり言うと妊娠・子育て世代には不向きです。

ポイント

給食業務直営の病院管理栄養士は必ず給食業務として厨房に入るわけではないです。
ただその可能性はゼロではないです。

勤務体系が不規則のため、妊娠や育児しながら働くことはかなり厳しいです。

厨房に入る業務が多い場合は、立ち仕事&力仕事で体力的にも大変…。
結婚や妊娠をきっかけに辞めていく人が多いのが現状です。

給食直営病院で働く5つのメリット

管理栄養士が給食業務直営の病院で働く5つのメリットは次の通りです。

  • 臨床栄養と給食業務どちらもできる
  • 給食業務の改善がしやすい
  • 入院時食事療養費の制度について体系立てて学べる
  • スタッフ数が多いため比較的入職しやすい
  • 今後の転職に有利になることが多い

転職の時、給食業務の経験があるのは管理栄養士として有利です。
「給食業務経験者のみ募集」と応募条件にしている求人もあるくらいです。

haruki
haruki

筆者のいまの病院も給食会社に給食を委託していますが、募集要件は給食業務2年以上の経験者でした。

給食直営病院で働く3つのデメリット

続いて、給食業務直営の病院3つのデメリットは次の通りです。

  • 臨床栄養に割ける時間が少ない
  • 時間の融通が利きにくい
  • 勤務体系が不規則

臨床栄養と給食業務をどちらもするので、それぞれに割ける時間が少なくなります。

haruki
haruki

どちらの業務にも専念できず、中途半端になってしまう…なんてことも
(筆者がそうでした)

給食直営病院がオススメな管理栄養士はこのような人

給食業務直営の病院がオススメな管理栄養士はこのような人です。

  • 栄養や食事に関すること全てに携わりたい
  • 調理献立作成も業務としてやりたい
  • 今後のステップアップを考え経験値をあげたい

給食業務から臨床栄養まで栄養に関する業務全般をやりたい人は、給食業務直営の病院管理栄養士が合っています。

臨床以外のフィールドで働くことを検討している人、ずっと臨床分野で働くか決め兼ねている人にもオススメです。

給食業務に直接関わることが出来ることは管理栄養士として最大のメリットです。

ポイント

給食直営の病院は管理栄養士として経験を積むのに最適です。

仕事を頑張りたい20代や30代前半の人が経験値として積むことで、管理栄養士として活躍できる幅が広がるはず!

haruki
haruki

できれば子育てに追われる世代になる前に経験しておくのがオススメ。

まとめ:臨床栄養と給食業務どちらの経験もある管理栄養士は重宝される

給食業務直営の病院は管理栄養士として多くの経験を積めます。

臨床栄養も給食業務も経験しているのは管理栄養士として強です。

仮に管理栄養士としてステップアップするために、次の転職をすることになっても経験を生かしやすいです。

病院管理栄養士オススメの転職サイト

栄養士人材バンク
  口コミ高評価!
  栄養士人材バンク公式サイト
マイナビコメディカル
  信頼のマイナビブランド
  マイナビコメディカル公式サイト
doda
  他業界も視野に入れたいならおすすめ
  doda公式サイト

ブログランキングに参加しています。
よかったら応援お願いします。


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

 

病院管理栄養士の基本情報は、こちらの記事でまとめています。
≫【病院管理栄養士の基本】就職・転職前に知りたい情報を完全解説

詳しい転職の進め方は、こちらの記事で解説しています。
≫【病院管理栄養士の転職進め方を解説】転職を成功さえて豊かな人生を送ろう!

詳しい就職の進め方は、こちらの記事で解説しています。
≫病院管理栄養士の就職活動|就活の進め方と心構え【2023/2024年卒】

コメント

タイトルとURLをコピーしました